統計を見れば明らか

これを進めてきたのは在日系と世襲議員たちに代表されます。
日系企業が海外にどんどん出て行くのは円高のためと、

国内のこうした政治家たちによる日本弱体化政策のためです。
実際、いろんな点で日本の競争力が下がってきたのに連動してきたのが統計を見れば明らかですね。
日本が豊かになった基本が出来上がったのは、 浮気調査 横浜政治家たちによる日本弱体化政策が行われ始める以前に既に出来上がっていたのです。総理大臣が誰になっても日本は変わらないということはありません。
しかも今回の民主党代表選挙は国家意識のない連中ばかりによる、過去最低の首相候補選挙といえます。嗚呼、民主党。民主党代表選を巡る一連の民主党員の動きは余りにも国民を愚弄しています。
党として議論した上で正式に党員資格停止処分とした筈の小沢一郎氏を詣でる候補者が後を立たず、それどころか新しい代表が選ばれた暁には処分を見直すなどという議論が出てきたりするのは、完全に国民を馬鹿にしています。