怠っていた

被害者の親は子供を甘やかしすぎて、子供の心身を鍛えることを怠っていた、という可能性も否定仕切れません。

子供からいじめの相談を受けていなかった、気づかなかった、という場合は、親子間の関係にも問題があったのかもしれません。 更に学校に訴えても対応してくれなかった場合、親が次にすべきはいじめを行っている子供の親に直接苦情申し入れる、という方法があり、それを行わなかったのは親の怠慢と言えるかもしれません。
いじめと一言に言ってもケースバイケースですから、よくよく考えないと、単に学校が悪い、先生が悪い、教育委員会が悪い、では物事は解決しないものと思います。
ただ言えるのは、いじめというのは目に見えて行われることは少ない中、子供の人権が声高に言われている昨今、学校や教師も、いじめられた側の訴えだけで別の子供を疑うのは難しいであろうということです。
確たる証拠が無いにも関わらず、いじめられた側の訴えだけで別の子供を疑えば、万一疑われた側の子供が無実だった場合、その影響は計り知れません。