木のハンマー

落とし所は大変妥当ではないかと感じました。バランスのとれた書く方がいて下さるととても安心します。

常識は常に 少しずつ変化しているものでもありますし、時には1945年のように音を立てて変わるという事もあります。
何が望ましいか、議会ですから民主的に話し合っ て、変えるべき時には努力して変え、今までと違った空気を受け容れるようになる柔軟さも必要でしょう、不倫調査 横浜と個人的に思うところです。面白い現象ですね! もし裁判長が覆面レスラーになったら、弁護側も検察側も裁判長の顔色うかがいながら審議ができなくなり困るでしょうねぇ。
木のハンマー(あれ、なんていうのでしょう)叩くのも空手チョップになったりして。でも、議員さんだったら覆面でも良いのではないでしょうか。その方が議会に注目が集まって市民の議会政治に関する関心も高まるのでは。
落としどころは絶妙ですね。ていうか、この人は選挙活動中はどうしていたんでしょうね。やっぱり覆面かぶっていたのでしょうか?