自覚症状

胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、食事の欧米化やタバコを吸う事・嗜好品・肥満といったライフスタイルの質の低下、ストレスに縁って、いま日本人に多く発症している疾患です。
緊張性頭痛とはPC使用などによる肩こり、首こり、張りが誘因の肩こり頭痛で、「ギュッと締め付けられるような強烈な痛さ」「重いような耐え難い頭痛と言い表される症状が特徴です。
胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、4〜5日服薬すれば、原則、多くの患者さんの自覚症状はゼロになりますが、さりとて食道の粘膜の腫れや発赤などの炎症が快癒したとは言い切れません。
汗疱とは主に手のひらや足の裏、または指の隙間などに小さな水疱がみられる症状で、基本的にはあせもと呼ばれており、足の裏に出ると足水虫と間違うケースもよくあります。
眩暈がなく、片耳だけに出ることの多い耳鳴りと低音域の難聴の症状だけを何回も繰り返すケースを「蝸牛(かぎゅう)型メニエール氏病」という名前で診断するケースがあるとのことです。
くも膜下出血(SAH)は90%近くが「脳動脈瘤」と言われる脳の血管にできた不要な瘤(コブ)が裂けてしまうことで罹患してしまう脳の病気だという知識を多くの人が持っています。
脚気の症状としては、手先や足先がしびれたり下肢の浮腫などが目立ち、進行してしまうと、残念なことに、呼吸困難に陥る心不全なども招く可能性があるようです。
アルコールを分解する肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが多く溜まった脂肪肝(steatosis hepatis)は、動脈硬化や肝硬変のみならず色んな合併症の元凶となる可能性があります。
食べ過ぎ、体重過量、喫煙、運動不足、遺伝、多忙によるストレス、老化など多様な因子が集合すると、インスリン分泌が減少したり、働きが鈍化したりして血糖値が高くなる2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病します。
通常は水虫といえば足を思い浮かべ、中でも足指の間に現れる皮膚病だと考えられていますが、白癬菌にかかるのは足だけということはなく、全身どの部位にもかかってしまう危険性があります。
今、比較的若い世代で感染症のひとつである結核に対抗するだけの免疫(抵抗力)の無い人々が増加したことや、自己判断のせいで受診が遅れることによる集団院内感染が増えていると言われています。
亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA)やタンパク質の合成に関係する特別な酵素や、細胞・組織の再生に関わっている酵素など、200種類以上も存在する酵素を構築する要素として絶対に欠かせないミネラルの一つです。
ピリドキシン(ビタミンB6)は、かの有名なアミノ酸(Amino acid)をクエン酸回路と呼ばれているエネルギー源を燃やすために欠かせない回路へ取り込ませるためにより化学分解するのを促進する動きもあります。
塩分や脂肪の大量摂取を控えて軽い運動を心がけ、ストレスの多すぎないような生活を意識することが狭心症を誘引する動脈硬化を予め防止するコツなのです。
食中毒を引き起こすことのあるブドウ球菌(スタフィロコッカス)は紫に染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒力が強力な黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん)と一方は毒素のあまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2つに分けることができます。

Categories: 未分類