炎症

収縮期血圧140以上の高血圧になってしまうと、身体中の血管に強い負荷がかかり、全身至る所のありとあらゆる血管にトラブルが起こって、合併症を起こす率が大きくなります。
耳の内部の構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳」「内耳」の3種類に区別されますが、中耳付近に様々な細菌やウィルスなどが付着して炎症が発生したり、液体が滞留する症状を中耳炎と言います。
グラスファイバーで作製されたギプスは、丈夫で軽量で着け心地が良い上に長期間使うことができ、シャワーなどで濡れても使えるというメリットがあるため、現在採用されているギプスの中では第一選択肢だと言っても過言ではありません。
環状紅斑(かんじょうこうはん)とは何かというと輪状、要は輪っかのような円い形をした真っ赤な発疹や湿疹など、皮ふ病の総合的な病名であり、病因はまったくもって様々だといえます。
ブラッシングで、高齢者がセラピードッグのことをとても愛おしく思った時に「絆のホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌され、結果としてストレス軽減や精神の癒しなどに結びつきます。
季節性インフルエンザ(seasonal influenza)のワクチンでは、今日までの膨大な研究の成果から、予防効果が見通せるのは、ワクチンを注射した日の14日後くらいからおよそ5カ月ほどだろうということが分かっています。
音楽会のおこなわれる会場やクラブなどに置かれている大型スピーカーのすぐ横で大音量を聞いて難聴になる症状を「音響外傷」と呼んでいるのです。
体を維持するのに必要なエネルギーの源として瞬時に役立つ糖分、細胞の新陳代謝に必須の蛋白質など、厳しいダイエットではこの様々な活動をキープするために絶対欠かせない栄養素までもを減少させてしまっている。
エイズはヒト免疫不全ウイルス、すなわちHIVの感染が原因のウイルス感染症の病名であり、免疫不全を起こして些細な真菌などが原因の日和見感染やガン等を複数併発する症候群のことを称します。
耳鳴りには種類があって、本人しか感じないことを特徴とする「自覚的耳鳴り」と、血液の流れる音のように当事者以外にも性能の良いマイクロホンなどを利用してみると感じるような「他覚的耳鳴り」とがあるそうです。
現在の手術室には、ラバトリーや専用の器械室、手術準備室を併設し、手術中にレントゲン撮影できるX線装置を用意するか、そうでなければ付近にX線装置の専門室を作るのが慣例となっている。
吐血と喀血は口腔から血を吐くことですが、喀血は咽頭から肺をつなぐ気道(きどう、呼吸器のひとつ)から出血することで、吐血は無腸間膜小腸より上部の消化管から血が出る病状を指します。
これまでの生ワクチンに代わる新しい手段として、予防接種法で接種が推奨されている定期接種として導入されるため、小児科などの医療機関で個々に接種してもらうスケジュール管理の必要な個別接種の扱いに変更されました。
今、若年層で感染症の一種である結核に対抗できる免疫、すなわち抵抗力の無い人々が多くなっていることや、早合点のために診断が遅れることが主因の集団・院内感染が増えています。
インキンタムシ(陰金田虫)は若い男の人に多く見られる傾向があって、ほとんどのケースでは股間の辺りだけに拡大し、激しい運動をしたり、入浴した後など全身が温まると猛烈な痒みを感じます。

Categories: 未分類