起床

スギ花粉症などの症状(鼻水、酷い鼻づまり、クシャミなど)のために夜間しっかり眠れない場合、それが要因で慢性的な睡眠不足に陥り、次の日起床してからの業務に良くないダメージを与えることもあるのです。
「時間に追われているように忙しい」「わずらわしい付き合いがとても嫌だ」「あらゆるテクノロジーやインフォメーションの高度な進化に付いていくことで精一杯」など、ストレスが蓄積される主因は人によって異なります。
最も大きな臓器である肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが蓄積した脂肪肝(しぼうかん)は、肝硬変や糖尿病といった多種多様な病の原因となる可能性が高いといわれています。
耳鳴りは分類することができて、当事者しか聞こえないタイプの「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音などのように当事者以外の人にも性能の良いマイクロホンを利用したりすると響いているという特徴を持った「他覚的耳鳴り」とがあり、治療法が異なります。
胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、4日前後服薬すれば、原則、9割近くの人の自覚症状はゼロになりますが、さりとて食道粘膜の傷みや炎症が快癒したとは断言できないので注意が必要です。
自分で外から眺めただけでは折ったのかどうか区別がつかない時は、怪我をした位置の骨を優しく指で突いてみてください。その部分に強烈な痛みがあれば骨折の疑いがあります。
エイズウイルス、つまりHIVを保有している精液、血液を始め、女性の母乳、腟分泌液などの様々な体液が、看病する人や交渉相手などの傷口や粘膜部分などに触れると、HIV感染の可能性が高くなってきます。
AED(Automated External Defibrillator)というのは医療資格を有していない方でも使う事のできる医療機器で、本体からの音声ガイダンスの指示通りに行動することで、心臓が小刻みに振動する心室細動の絶大な治療効果を患者に与えます。
筋緊張性頭痛は肩凝り、首筋の凝りから来る最も一般的な慢性頭痛で、「頭を締め付けられるような強烈な痛さ」「重いような鈍い頭痛」と言われています。
黴菌やウィルスなど病気を招く病原体が肺の中へ入り込み伝染してしまい、肺そのものが炎症を起こしてしまっている事を「肺炎」と呼ぶのです。
万が一検査でやはりエストロゲンとゲスターゲンの分泌量が足りず早期閉経(premature menopause)だと分かった場合、不十分な女性ホルモンを足してあげる治療等で緩和することができます。
骨折してかなり出血してしまった際は、血圧が降下して目の前が暗くなるようなめまいやふらつき、冷や汗、悪心、顔面蒼白、失神などの不快な脳貧血が引き起こされるケースがあります。
下腹部の強い痛みを訴える人の多い主な疾患には、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、腎や尿管などの尿路結石症、大腸粘膜にびらんができる潰瘍性大腸炎、細菌感染などによって腹膜が炎症を起こす急性腹膜炎、子宮の病気等が挙げられます。
高血圧(hypertension)の状態が長く続くと、体中の血管に重い負担がかかった挙句、全身至る所の様々な場所の血管にトラブルが生じて、合併症を発症してしまう見込が高くなると言われています。
陰金田虫(インキンタムシ)は比較的若い男性に症例が多く、大方股間の辺りにのみ広がり、激しく運動したり、風呂から上がった後など全身が温まった時に強烈なかゆみを起こします。

Categories: 未分類