最近銀魂にハマったのは

小さいころから、頭がでっかくてすごいコンプレックスだった。

小4のときに編入した小学校では、登下校時に黄色い帽子をかぶる決まりだったのですが、その帽子を職員室に買いに行ったら、一番大きなサイズ(54cm)のが入らなくて、わざわざ取り寄せで58cmのを買わなきゃならなかったとか、体育の時間にかぶる紅白帽もやっぱりかぶれなくて、先生に「頭でかいな、お前~」と笑われたこととか。

長じてからは、おしゃれな帽子をかぶりたいと思っても、市販の帽子は9割が57.5cmのMサイズ。
帽子専門店でもない限りLサイズなんかは売ってないし、58か59cmのLサイズでさえ、かぶってみるときっつい。
デパートでやっていた帽子作家の展示即売会で、気にいった帽子があったのだが、そこにあった一番大きな60cmのサイズのでさえきっちきちだったため、結局61.5cmというサイズでオーダーして作ってもらう羽目になったり。

じゃあ自分で作ってやるわい!と編み物の本を見てみても、ニットだから伸びるでしょ、といわんばかりで、サイズは下手すりゃ50cmのとかばっかりだ。男性用キャップの編み図でさえサイズ57cmのしか出てないとか、もうね、頭のでっかい奴は生きてる資格なし!って言われてるんじゃないかと被害妄想に陥りかけたこともありますよ。
最近銀魂にハマったのは、自分の天パが全ての元凶だと嘆いている銀サンに同調できたから、だと思う。